マンションリフォーム

マンションリノベ工事中

皆さんこんばんは!

レスティーロの冨部ですhappy01

朝、夕は寒くなって参りましたね、

ご体調にはくれぐれもお気を付け下さい!!

9月より開始していたマンションリノベーション工事が

もうすぐ完了致しますshine

Img_1523

Img_4327_2

完成を目指して来週が大詰めです!!!

完成写真をお楽しみにhappy01

レスティーロの冨部でした!

施工事例はこちらから↓

http://www.restilo.jp/

オススメ美術館

「岩田健母と子のミュージアム」

Img_4678

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和室のリフォーム その②

みなさまこんにちは!

レスティーロの竹本です。

今年も残すところあと1ヶ月とちょっと。

まだまだと思っているうちに今年も終わってしまいそうですね。

年々、一年が過ぎるのが早く感じます。。。

年賀状も毎年のことながらいつもギリギリになってしまいますので。。。

今年こそは早めに出したいと思います...coldsweats01

さて、先日このブログでご紹介したマンションの和室リフォームですが、

無事工事が終わりましたのでご紹介したいと思います!

Photo BEFORE

あまり使用していなかった6畳の和室・・・

R0013935 AFTER

↑クリックで拡大します

とっても明るく、広々としたリビングに大変身しました!

壁に使用したエコカラットも、

お部屋にとても馴染んでいて、

調湿効果も期待できるので

オススメの商品ですflair

その他、収納を充実させた和室リフォームはこちら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和室のリフォーム

皆さんこんにちは!

レスティーロの竹本です。

今日から11月に入り、今年も残すところあと2ヶ月。

これからの季節といえばやっぱりお鍋!

お鍋料理というと、最近は珍しい鍋料理が沢山あります。

最近人気が高いのは、

「タジン鍋」「トマト鍋」「フグのちり鍋」「コラーゲン鍋」「薬膳鍋」だそうですが、

今年は、ブレイクした「食べるラー油」が鍋になった「ラー油鍋」という鍋が

ブレイクしそうということです。。。

「食べるラー油」が鍋になったらどんな味なんでしょうか。

一度は試してみたいと思いますが、

個人的にはやっぱり「おでん」や「すき焼き」「寄せ鍋」といった

“和風”のお鍋料理が好きですbottle

さて、お鍋の話を引っぱりすぎてしまいましたが・・・coldsweats01

和風といえば、今日からマンションの和室リフォームがスタートしました!!

あまり使っていなかった和室をリビングに取り込んで、

リビング空間を広げるというものです。

今日は無事に解体工事が終了し、

明日から大工さんの工事がはじまります。

Photo_2BEFORE

Photo 解体後

今回は、壁にはエコカラット

床はセラミックタイルを使い、

ちょっと特別なリビングスペースに変身予定です!

工期は約2週間。

次回またこのブログでアフターをUPしますので、

お楽しみに!

他の施工事例はコチラをご覧くださいpc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢のホームシアター!!

皆さんこんばんは!

レスティーロの冨部ですhappy01

朝晩はすごく過ごしやすくなってきましたね。

夏男の僕はすごく寂しい気持ちになってしまいますdown

今回は先週、久々にお伺いしたOB様のお宅をご紹介致しますshine

以前に現場レポートでもご紹介させて頂いたお宅ですが、

当時はまだ大迫力のスクリーンとプロジェクターが設置されておりませんでした。

この度ついに設置となりましたのでカタログに掲載する前に一足お先に大公開!

1

スイッチを押すと電動でスクリーンが下りてきます!!

奥様は大迫力の大画面で見る映画は最高だと言われておりました。

少しだけ僕も見せて頂いたのですが、音もすごく良く、映画館に来ている気分になってしまい帰るのが名残惜しい気持ちになったくらいですflair

2

両サイドのダウンライトのみ付けると、壁面のタイルに陰影が出て、すごく雰囲気が良くなりますup

Photo

プランニングや材料選定等すごく厳選して選ばれていた奥様ですが、このタイルも奥様のチョイスです!光の当たり方で表情が変化するので僕もすごく気にいっていますgood

Photo_2

Photo_3

柄物クロスが張られた壁面の上部にプロジェクターとスピーカーが設置されています。正面と背面からの音で臨場感のある音が演出されていますnote

Wic

ウォークインクローゼットも見せて頂きました!

こちらのお宅は個室からリビングへ通り抜けの出来る大容量ウォークインクローゼットを作ったのですが、収納さえも綺麗に使われており、驚きました!左には袋に入ったワイシャツが!まるで洋服屋さんですhappy01

他にも見所いっぱいのこちらのお宅!またご紹介致しますので楽しみにしていて下さい!

ホームシアターをお考えの方!お気軽にご相談下さい

レスティーロの冨部でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結露!

みなさんこんにちは! 

レスティーロの竹本です。

今年も残すところあと4日です。

みなさんのお宅では、もう大掃除はされていますか?

大掃除といえば、普段はしない部分を掃除しますよね。

たとえば、窓や壁。

冬になると外と部屋内の温度差でどうしても室内の窓や壁に結露がヒドイ・・・

とお困りの方は多いと思います!

結露は、放っておくとカビの原因になります。

そしてそれだけではなく、カビは水分と汚れを栄養にして胞子を飛ばし、

ダニが繁殖します。

そしてダニの糞や死骸が部屋中にばら撒かれます。

ダニやカビは、さまざまな健康被害を発生させる原因にもなると言われています。

こわいですね~!

ではまず、結露を発生させない方法をいくつかご紹介します!

結露を防ぐには3つ!

1つ目は、建物全体の断熱性を向上させることです。

2つ目は、換気を心がけることです。これはどなたでもできそうですね!

3つ目は、床材や壁材などに調湿機能をもつ仕上材を使うことです。

1つ目の方法は建物そのものの問題を解決す必要があり

すぐに対策をとることは難しいですが、

レスティーロでは、3つ目の調湿機能の仕上材(自然素材)の壁材や床材がおススメです!

1つ前のブログでもご紹介していたリフォームでは

実際に無垢フローリングや壁に漆喰を使いました。

室内の湿度調節などをしてくれるので結露の問題も解決!

自然素材には調湿機能のほかにも、防虫・防カビ・消臭など

たくさんの効果が期待できます!

とても気持ちのよい空間で過ごせます。

S107_2 

結露にお悩みという方は

お部屋の壁や床などに自然素材を使ってみてはいかがでしょうか。

RESTILO 竹本でした。

レスティーロHPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンションリフォームで注意したいポイント

みなさんこんにちは!RESTILOのタケモトです。

すっかり秋めいて朝晩は寒く感じるようになりました。

秋は食べ物がおいしい季節なのでみなさんも食べすぎには注意しましょう!

私事ですが、先日、休みの日にたまにしかしない料理をしました。

と言っても、数少ないメニューの中のカレーライスを作りました。

作っていて感じたのは、キッチンの狭さです。。。

いつも料理をされる人は限られたスペースでうまく動いているのだと思いますが、

狭くて慣れない作業で時間もかかり、

広くて動きやすいキッチンにリフォームしたい・・・

と、つくずく感じた休日でした。

ちなみに、味の方はおいしくできましたwink

キッチンのリフォームといえば、

現在レスティーロでも、マンションのキッチンをリフォームする計画が進行中です。

マンションのリフォームで特にポイントになるのは

水まわり部分の床です。

築年数などにより違いがありますが、

水まわり部分の床下の構造は、

大きく分けて3種類あります。

少し築年数の経った中古マンションによく見られるのが、

住戸全体の床下のコンクリートスラブがフラットで、

キッチンなど水まわり部分のみ、配管スペースを設けるため、

15~20㎝ほど床の高さを上げて段差になっているタイプです。

その他、床の水まわり部分のコンクリートスラブを下げて、

配管スペースを設けているタイプ、

マンション住戸の床全体を上げている、

いわゆる二重床というタイプです。

みなさんのお住まいのマンションはいかがでしょうか。

今回レスティーロでリフォーム計画中のお宅は、

最初にご紹介した、水まわりの床が他の部分より上がっているタイプですが、

床に配管スペースをうまく作ることができるため、

区切られたキッチンスペースを少し移動して、

明るくオープンな、対面式のアイランドキッチンにリフォームされる予定ですshine

みなさんも、マンションの水まわりをリフォームを検討される際は、

実際に業者にプランを頼む前に、

どこまでリフォームできるか、

最初の段階で専門家にも相談してみるとよいかもしれません。

RESTILO 竹本でしたhappy01

レスティーロHP http://www.restilo.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中古を買ってリフォーム!

みなさんこんにちは! RESTILOの竹本です!

夏の暑さも少し弱まり、だいぶ寝苦しくなくなりましたね…

食欲の秋が近づいていますので、体調管理には気をつけましょう!

さて、今回は中古の住まいについてご紹介をしたいと思います。

以前もこのブログで「中古を買ってリフォームする」ということについて、

メリットなどを詳しく説明していました。

(気になる方は以前のブログをぜひチェックしてみて下さい!)

先日、中古で売り出した「掘り出し中古物件」の取材をしてきました!

どんな物件かといいますと・・・

これ、マンションなんですけど、

エントランスに入ると・・・なんと最上階まで吹き抜けが!

Dsc03728_2

なんとも言えない雰囲気の良さを感じます。

トップライトからの光がエレベーターホールへと差し込んで、

マンションへの来訪者を明るく迎えてくれます。

部屋の中は・・・

Dsc03766

築35年経ってる物件なのですが、

私はこのままでもぜんぜん住める!と感じました・・・coldsweats01

とってもレトロな雰囲気です。

もちろん!

全部スケルトンにして、

全体的にリノベーションしてかっこよく仕上げてもよし!です。

マンションを一歩出て1分歩くと、近くにはこんな緑あふれる公園。

Dsc03791

休日には公園で読書・・・もありですね!

みなさんは家を探すとき、どんな視点で探していきますか?

「“こんな暮らしがしたい”という思いがあるのに、それを叶える物件がなかなか無い」

と、お悩みの方はレスティーロまでぜひご相談下さい!

今回ご紹介したマンション、気になる方は弊社までお問合せ下さいhappy01

詳細は後日、下記ホームページ内にも掲載予定です。

フリーダイヤル 0120-40-0209

レスティーロ ホームページ

RESTILO竹本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッチンのリフォーム

ご無沙汰してました。

リフォーム担当 原田です。

最近 体調を崩しまして・・・ ここ2週間ほど 咳が止りません・・

ちゃんと 病院でインフルエンザの検査をしてもらっているので そっちは安心ですが、のどが痛くてたまりません。

毎日の “うがい”と“手洗い” 大事ですよ!

さあ 本題の リフォーム事例の紹介です。

今回は マンションのキッチンの取替です。

築20年の古いマンションのキッチンを 最新のシステムキッチンに取り替えました。

まずは 取外し前のキッチンを見てください。

22002

水道のパイプが壁に直に取り付けてあってむき出しですね。

では キッチンを取り外したらこうなりました。

S_07022102

お~! すっきりです。

ではシステムキッチンに取り替えた写真を見てください。

S07031209

水道の配管を壁内に隠し 収納を増やして

見た目にもすっきり!又使いやすいキッチンになりました。

マンションでも キッチン等の水周りのリフォームは比較的簡単に出来ます。

納まり等 各種制限がありますが・・・

各メーカーマンション リフォーム用の商品を準備しておりますので まずはご相談下さい。

以上 今回の事例紹介でした。

では 次回をお楽しみに。

担当 原田でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島で快適リフォーム!「マンションの玄関編」

皆さんこんにちわ!レスティーロの竹本です。

まだ5月ですが、広島でも日中はかなり暑い日が続いていますね。

空気も乾燥していますので、“火の元”や“流行のインフルエンザ”などには気をつけましょう!

さてさて、今回はマンションの玄関を快適にするリフォームについてご紹介します!

ブーツを履く女性の方は特にそうだと思いますが、

マンションの玄関で靴(ブーツ)を履くときや脱ぐときに、

フラついて履きにくいなぁと思われたことはありませんか?

もちろん!ご年配の方やお身体の不自由は方にも

このように腰掛があると「快適」ですね!

Photo

Photo_2

狭くて暗いマンションの玄関が多い中で、

このように少しスペースを広げて広く見せたり、

ベンチ下に間接照明を配置するだけで、

とても快適な空間になりました!

これならお客様が来られても、玄関で会話が弾みそうですね!

レスティーロは、ただモノを修繕したり交換したりするリフォームではなく、

住む人が「どんなライフスタイルを実現したいか」を真剣に考え、

安心して住んでいただくための保証、

スタイルを重視したデザイン性、

住み心地をプロデュースしています。

詳しくは

スタイルリフォーム RESTILO

レスティーロ TAKEMOTO

| | コメント (0) | トラックバック (0)